癌(ガン) などの難病を漢方で/胃癌(ガン) 肝臓癌(ガン) 子宮癌(ガン) 肺癌(ガン) 食道癌(ガン) 子宮頚癌(ガン)

漢方 コバヤシ薬局
【コバヤシ薬局】
〒130-0023
東京都 墨田区 立川 2-4-9
TEL:03-3633-3470
FAX:03-3633-3468
病からの解放体験談 消化器癌(ガン) 子宮癌(ガン) その他の癌(ガン) 循環器・肝炎 婦人病 心の働きと病 血液活性化療法 プロフィール お問合せ・料金
 
漢方一筋45年 電話相談受付中
メールのお問合せはこちら
病からの解放体験談
消化器癌(ガン)
胃癌(ガン)
肝臓癌(ガン)
食道癌(ガン)
大腸癌(ガン)
子宮がん
子宮癌(ガン)
子宮頚癌(ガン)
子宮頸癌(ガン)
子宮体癌(ガン)
その他のがん
肺癌(ガン)
子宮癌(ガン)
子宮頚癌(ガン)
乳癌(ガン)
前立腺癌(ガン)
腎癌(ガン)
循環器・肝炎
C型肝炎
脳腫瘍
心筋梗塞
狭心症
糖尿病
婦人病
子宮筋腫
子宮内膜症
卵巣脳腫
卵巣腫瘍
痛み・その他
リウマチ・関節痛
アトピー(皮ふ)
腎ネフローゼ
膠原病
ぜんそく
痛風
プロフィール
心の働きと病
血液活性化療法

  痛み・その他

 リウマチ・関節症 

●寒証
寒証とは寒邪を受けたり、あるいは身体機能や代謝が衰退し、陽虚となったために現われる証候である。 寒邪は体に侵入すると、気血の運行や経絡の循行を障害するので痛みを引きおこしやすい。 逆に、体のバランスが崩れて陽虚(生理機能の減退)になると、発病因子に対する抵抗性が低下した状態となり、 邪気が入りやすいと考えられる。また陽虚の場合には気血を運行させる力が弱くなり、気滞血於の病態がおこり痛みを引きおこすこともよく見られる。
虚寒証
元気がない、顔色の淡白、食欲不振、四肢の冷え、疲労倦怠、胃部の冷通、 軟便あるいは消化不良の下痢便、舌質は淡白、脈は沈細あるいは沈遅無力など。
寒実証
顔色蒼白、手足の冷え、下腹部の冷痛、痛みが押さえると増強する、 下痢、あるいは腰痛、頻尿、四肢関節の冷痛、舌苔の白潤、脈は沈遅あるいは沈弦など。
●熱証
熱証の場合には痛みとともに発熱、悪熱、冷たいものを好む、顔色や目が赤い、 口渇、煩躁、便秘、小便が短く赤い、鼻汁や痰が黄色く粘稠、吐血、鼻血、舌質は赤く、 舌苔は黄色で乾燥、脈は数などの症状をともなうことも多い。熱証には表熱証、裏熱証、虚熱証、実熱証がある。
虚熱証
熱は高くない、口や咽喉部の乾燥感、潮熱、午後になると微熱がでる、 疲労倦怠、食欲不振、痩せ、手足のほてり、のぼせ、舌質は紅絳、無苔、脈は細数。
実熱証
高熱、激しい口渇、大声でうわ言を言う、煩躁、便秘、舌質は赤い、舌苔は黄色、脈は実数。
すべての痛み、リウマチ、関節痛、腰痛に漢方薬の有効処方が多数あります。
こちらの疾患のお悩みでFAXでのご相談は右の矢印をクリックして
問診表を印刷し必要事項を記入後、FAXして下さい。
FAX・電話相談

 アトピー(皮ふ) 

●湿疹ってどんなもの?
皮膚のしくみ
一般に皮膚の表面のかゆみをともなった赤い斑点(紅斑) や1〜2mmのもりあがったブツブツ(丘疹)などを、総称して湿疹と呼んでいます。
●紅斑とは?
皮膚が、からだの内や外から異常な刺激(薬物中毒・うるしなど)を受けると、 自立神経は皮膚組織にそれを防衛させようと「白血球全員集合!」の命令を出します。 それに従って、多量の血液を送りこむので、大きくふくらんだ毛細血管が 表皮に透けてみえるようになり、これを紅斑と呼んでいます。(指でおさえると消えます。)
●丘疹とは?
からだが受けた刺激が強く、防衛する白血球が足りないと、自立神経が「もっと白血球を送りこめ!」と命令します。 その結果、さらに多量の血液が流れ、毛細血管はますます大きくふくらみます。 そしてついには、血管壁をつくっている細胞と細胞の結合部分がふくらみに耐えきれずところどころちぎれすきまができ、 血液中の水分(血漿)が外へもれ出します。 それが徐々に真皮と表皮との間にたまってふくらみ、表皮を丘状に押しあげている状態を丘疹と呼んでいます。
皮膚の病気 アトピー性皮膚炎の症状は?
アトピー性皮膚炎の症状は、歳を重ねるに従って変化し、その経過は以下の3期に分けられます。
乳児期
生まれて2〜3ヶ月たつと、ほおなどに紅斑や丘斑が現われ[注]、 その後しだいに、顔全体にひろがっていき、じめじめと湿潤しているのが特徴です。
幼児期
多くは、乳児期から継続していますが、乳児期にいったん完治したはずの症状が再発したり、
この時期に初発する人もいます。 症状は、皮膚が乾燥しがちになり、顔から、だんだんとからだの下の方へブツブツと鳥肌立ったような丘疹がひろがります。 特に首、ひじの内側、ひざの裏側などはかゆみがひどく、かきむしることが多いので、 皮膚が、粗く、厚くなります(=苔癬化。下記〔参考〕参照)。
〔参考〕苔癬化とは?
湿疹ができると、かゆみのために、どんどんかいてしまうことがよくあります。 すると、その刺激で表皮細胞の増殖が活発となり、乾燥します。その結果、角質層が厚く硬くなり、皮膚の表面はかさかさした状態。
成人期
乳・幼児期から継続している人もあれば、この時期に再発したり、 初発したりする人もあります。 症状は慢性化すればするほど悪化し、苔癬化の傾向が著しくなり、簡単にはなおらなくなって、 神経質になります。
こちらの疾患のお悩みでFAXでのご相談は右の矢印をクリックして
問診表を印刷し必要事項を記入後、FAXして下さい。
FAX・電話相談

 腎ネフローゼ 

血液中の余分な成分をろ過し尿として排泄する
腎臓は、血液のクリーニングには欠かせない大切な臓器。 心臓から送られてきた血液に含まれる余分な水や老廃物は、ここでこし分けられて尿になる。 そして膀胱を通って、体外に排泄されている。この働きのおかげで、私達の血液は、 成分を一定に保つことができているわけだ。
また、腎臓では、体内を弱アルカリ性に保つために、血液中の酸性物質やアルカリ性物質を尿中に捨てたり、血圧を調節する酵素や造血を促すホルモンも分泌する。 さらに、ビタミンDをつくる働きもしている。
両方の腎臓には、心臓が送り出す全血液のうちの5分の1が絶えず流れ込んでいる。腎動脈から腎臓に血液が入ると浄化作用が働き、 不要なものは尿として捨てられ、きれいになった血液は腎静脈、大静脈を経て心臓へ。そこから再び全身に送られる。
腎臓をたて割りにしてみると

腎臓をたて割りにしてみると
  • 髄質
    皮質でこされた成分の中から、有用なものを再吸収するところ。
    十数個の小隆起(乳頭)になっている。
  • 乳頭
  • 腎盂
    尿が集められてくるところ
  • 腎杯
    尿はここから腎盂へ
  • 腎静脈
    余分な水、塩分、老廃物などが取り除かれたきれいな
    血液となって出てくる
  • 尿管
    尿管には絶えずタラタラと尿が流れ込んでくる
・体内を弱アルカリ性に保つ働き
私たちの体は、PH(酸とアルカリの度合いを示す値)7・4前後の弱アルカリ性に保たれることで維持できているのだ。この調節役をしているのが腎臓。 血液中の酸性物質やアルカリ性物質が増えすぎると、それを尿とともに排泄する。
・その他の働き
腎臓は、造血ホルモンを分泌して、赤血球をつくる骨髄に働きかけている。また、腎臓に送られてくる血液が減ったときには、 血圧を上げる酸素を分泌して、腎臓に流れてくる血液を増やそうとする。 その他、吸収したビタミンEを体内で活用できるように活性化する働きもしている。
こちらの疾患のお悩みでFAXでのご相談は右の矢印をクリックして
問診表を印刷し必要事項を記入後、FAXして下さい。
FAX・電話相談

 膠原病 

膠原病について
●膠原病
結合組織の膠原繊維コラーゲンがフィブリノイド変性来して硬化し、 複数の臓器を冒す疾患と定義し、関節リュウマチ、全身性エリテマトーデス、 全身性強皮症、皮膚筋炎・多発性筋炎、結節性多発動脈炎、リュウマチ熱の6疾患を膠原病とした。
●全身性エリテマトーデス(Systemic Lupus Erythematosus:SLE)
全身性エリテマトーデス(Systemic Lupus Erythematosus:SLE)は、 多彩のな自己抗体の生産を基に寛解と憎悪を繰り返し、慢性に経過する炎症性疾患で、 臓器に病変が出現し、多彩な症状を呈する。
●環境因子
SLEの過半数に日光過敏症があり、薬物、感染、妊娠・出産、手術、外傷
異物注入(アジュバンド病)、ストレスなどはSLEの発症誘因となる
●SLE(全身性エリテマトーデス)
1.蝶形紅斑
2.円板状皮症
3.光線過敏症
4.口腔内潰症(通常、痛みを伴わない口腔或いは鼻・咽喉潰瘍
5.関節炎(2ヶ所以上の抹消関節の骨破壊を伴わない関節炎)
6.漿膜炎 1)胸膜炎、2)心膜炎
7.腎障害
  1)持続性淡白尿(1日0.5g以上)
  2)細胞性円桂(赤血球、ヘモグロビン性、顆粒球、尿細管性、混合性)
8.精神・神経障害
  1)痙攣発作 2)精神症状
9.血液異常
  1)溶血性貧血(綱状赤血球増加) 2)白血球減少(2回以上にわたり4,000/μ1以下)
  3)リンパ球減少(2回以上にわたり1,500/以下) 4)血小板減少(10万/μ1以下)
10.免疫異常
  1)LE細胞陽性 2)抗DNA抗体陽性 3)抗Sm抗体陽性 4)梅毒反応偽陽性
11.抗核抗体陽性(蛍光抗体法或いはそれに準ずる方法)
SLEの典型的診断結果
SLEの典型的診断過程
SLEに対する治療(77例)、
  ステロイド薬単独・漢方薬単独・ステロイド薬と漢方薬の併用療法の割合の円グラフぺース SLEに対する治療(n=77)、
ステロイド薬単独
漢方薬単独
ステロイド薬と漢方薬の併用療法の割合の 円グラフスペース
こちらの疾患のお悩みでFAXでのご相談は右の矢印をクリックして
問診表を印刷し必要事項を記入後、FAXして下さい。
FAX・電話相談

 ぜんそく 

喘息とは、ゼイゼイという、喘鳴をともなう発作的な呼吸困難に苦しめられる病気です。
喘息は、次のように大きく分けられます。
喘息のいろいろ
喘息のいろいろ
  • 気管支喘息
    主として、ホコリやダニなどによる、アレルギー反応によって気管支が炎症をおこすことが原因でおこります。
    このほか、ウイルスや細菌などの感染によるものや、大気汚染、ストレスなどによるものもあります。
    炎症をおこした気管支は、粘膜層がむくみ、気道がせまくなってしまいます。 また、粘液が多量に分泌され、痰となって気道をふさぐようになってしまいます。 そのうえ、炎症によって気道壁が過敏になり、異物がまぎれこむと、激しいセキの発作がおこります。 こうなると、気管支の平滑筋が強く収縮して、軟骨が重なりあってしまうこともあるのです。
  • 心臓性喘息
    心臓の病気にかかり、その機能がうまくはたらかなくなって、肺にうっ血が生じることが原因となっておこります。
    そうなると肺だけでなく、気管支にもうっ血が生じてしまいます。そして同時に気管支の収縮や、 粘膜のはれもひきおこされ、気道がせばめられてしまうので、喘息の発作がおきてしまうのです。
  • 尿毒症性喘息
    尿毒症による、腎臓の機能不全によって体液の循環がうまくいかなくなることによって生じる心不全が原因となります。
    ですから、これは、心臓性喘息の一種である、といえるのです。この喘息は、尿毒性のうちでも、末期の患者に多くみられます。 そのうえ、炎症によって気道壁が過敏になり、異物がまぎれこむと、激しいセキの発作がおこります。 こうなると、気管支の平滑筋が強く収縮して、軟骨が重なりあってしまうこともあるのです。
健康な気管支
健康な気管支
こちらの疾患のお悩みでFAXでのご相談は右の矢印をクリックして
問診表を印刷し必要事項を記入後、FAXして下さい。
FAX・電話相談

 痛風 

痛風とは、尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。
     
こちらの疾患のお悩みでFAXでのご相談は右の矢印をクリックして
問診表を印刷し必要事項を記入後、FAXして下さい。
FAX・電話相談
病からの解放体験談 l 消化器癌(ガン) l 子宮癌(ガン) l その他の癌(ガン) l 循環器・肝炎 l 婦人病 l  痛み・その他 l  プロフィール l 心の働きと病 l 血液活性化療法 l お問合せ・料金 l 
【コバヤシ薬局】 〒103-0023 東京都 墨田区 立川 2-4-9 TEL:03-3633-3470 FAX:03-3633-3468
Copyright(C) KOBAYASHI YAKKYOKU. All Rights Reserved.