癌(ガン) などの難病を漢方で/胃癌(ガン) 肝臓癌(ガン) 子宮癌(ガン) 肺癌(ガン) 食道癌(ガン) 子宮頚癌(ガン)

漢方 コバヤシ薬局
【コバヤシ薬局】
〒130-0023
東京都 墨田区 立川 2-4-9
TEL:03-3633-3470
FAX:03-3633-3468
病からの解放体験談 消化器癌(ガン) 子宮癌(ガン) その他の癌(ガン) 循環器・肝炎 婦人病 心の働きと病 血液活性化療法 プロフィール お問合せ・料金
 
漢方一筋45年 電話相談受付中
病からの解放体験談
消化器癌(ガン)
胃癌(ガン)
肝臓癌(ガン)
食道癌(ガン)
大腸癌(ガン)
子宮癌(ガン)
子宮癌(ガン)
子宮頚癌(ガン)
子宮頸癌(ガン)
子宮体癌(ガン)
その他の癌
肺癌(ガン)
子宮癌(ガン)
子宮頚癌(ガン)
乳癌(ガン)
前立腺癌(ガン)
腎癌(ガン)
循環器・肝炎
C型肝炎
脳腫瘍
心筋梗塞
狭心症
糖尿病
婦人病
子宮筋腫
子宮内膜症
卵巣脳腫
卵巣腫瘍
痛み・その他
リウマチ・関節痛
アトピー(皮ふ)
腎ネフローゼ
膠原病
ぜんそく
プロフィール
心の働きと病
血液活性化療法
  小林 世長 薬剤師 東京自然生薬研究会 会長・薬剤師 小林 世長

【プロフィール】
昭和12年1月1日、長野県飯山市に誕生
昭和24年3月、東京へ移転
昭和33年3月、東京薬科大学卒業
昭和34年4月、コバヤシ薬局・倫理研究、心身相関の研究を開始
昭和35年4月、錦糸町実践部委員長就任
昭和38年、物(自然生薬)と心(魂の修正)両面からの救済のため、New Medical Center創設
昭和60年、ガン、エイズなどの難病のための処方を完成
平成5年、北京中医大学東京校卒業、
平成5年、世界中の国々すべての人々の苦しみを救う医学New Medical Center建設
平成21年、難病の治癒者4,000名を超える


◆漢方治療で難病は救える〜私を変えた父の死〜

1965年(昭和40年)、私の父は、姉の夫の心臓病による突然の死によって心労が重なり、
腸に便が詰まるなど体に不調をきたし、国立ガンセンターを訪ねました。

すると、
「すぐ入院しなさい! これは手術する必要がある」
と言われ、考えている余裕もなく入院。
しかし、私は直感で、(これは切るべきでない!)と思い、父に必死に、
「お父さん、切ってはいけない!」
と、再三止めました。しかし、父は、
「天下の国立のガンセンターの先生が、私の病状を診て、切る!と言うのだから間違いがない」
と信じきっており、同年12月に十二指腸を切ってしまったのです。

ところが開けてみたらガンでも何でもなく、ポリープが1個あっただけだったのです。
しかし、父はこの手術で輸血をしたため肝臓を悪くし、毎日口から赤と黄と茶色の血を吐き、苦しみ続けました。
そして翌年、肝炎および腹水のため死亡してしまったのです。

私は大きなショックを受けました。
父の死は、治療の誤りであることは間違いがなく、西洋医学というものに疑問を抱いた私は、
これが契機となり自然療法への研究へ進むことになったのです。

当時私は薬剤師でしたが、漢方治療の知識は皆無。
あっちこっちの書店や古本屋を回り、まるで何かに取り付かれたかのように書籍と首っ引きの日々を送りました。
「心の身体」の健康や漢方治療の研究・実践とともに、難病に対する多くの疑問が解消されていくと同時に、
現代西洋医学に対する矛盾が鮮明になってきました。

そして、私の長年の漢方治療による結果、『生薬が持っている植物多糖体を大量投与することによる血液の浄化』が
大事であるということがわかりました。
事実、血液が浄化され、難病を克服された方は、2009年(平成21年)現在、4,000例にも上ります。
父の死がきっかけとなり、ひたすら研究と治療・実践を続けてきた結果、


  • 経営の医療ではなく、身内を助けるがごとく、患者を助けるための良心の医療をめざす。
  • ガンをはじめ難病患者を救う。
  • 多くの人々に生きる喜びを与える。

という3つの誓いのもとに
幸せを願い、健康を願い、この価値ある大業に向かって、使命感を感じつつ全精力を傾けています。

コバヤシ薬局
  〒130 東京都墨田区立川2-4-9
電話 03(3633)3470
FAX 03(3633)3468

FAXで相談する方は右の矢印をクリックして 問診表を印刷し必要事項を記入後、FAXして下さい。
FAX・電話相談
病からの解放体験談 l 消化器癌(ガン) l 子宮癌(ガン) l その他の癌(ガン) l 循環器・肝炎 l 婦人病 l  痛み・その他 l プロフィール l 心の働きと病 l 血液活性化療法 l  お問合せ・料金 l 
【コバヤシ薬局】 〒103-0023 東京都 墨田区 立川 2-4-9 TEL:03-3633-3470 FAX:03-3633-3468
Copyright(C) KOBAYASHI YAKKYOKU. All Rights Reserved.